三井住友海上火災保険 22新卒 内定者の声

コロナ渦で「グランドスタッフとして働きたい」という長年の目標を半ば諦めた状態から始まった就職活動でしたが、第一志望だった三井住友海上に内定をいただくことができ、大変嬉しく思います✨

先行きが不透明の中でも出来ることから始めようと、アイザックへ入学。先生方のご指導と切磋琢磨できる素敵な仲間のお陰で、納得できる就職活動ができたと感じています。

入学当初、単なる憧れだけでエアライン業界を志望し、それ以外眼中のなかった私は、授業内の面接練習で「なぜグランドスタッフを志望するのか」という質問に答えることが出来ませんでした。

自分がなぜグランドスタッフに魅力を感じ、何にやりがいを感じるのか。自己分析を重ねたところ、「誰かにとっての節目や、大きな転機に携わり、次のステップにつなげる事」だと気づきました。

それが就職活動中に大切にしてきたこととなり、様々な想いでご搭乗されるお客様を支えるエアライン業界に改めて魅力を感じるとともに、再起の力となり、新たな挑戦のきっかけづくりが出来る損害保険業界にも出会うことが出来ました。

思うような結果にならなかったり、時間に追われて余裕がなくなったり、辛いことも多くありましたが、「この会社でこういう事をしたい!」と目標が出来てからの面接では、アイザックで学んだ基本的な所作や伝え方等を心配することはなく、自然体で臨むことが出来ました。

人事の方からも、伝え方や笑顔などを評価していただくことができ、アイザックに通って良かったと心から思いました。

正直、エアライン業界で働くという夢や目標は捨てきることは出来ていませんが、今は素敵で「自立した社会人」になれるよう、今まで以上に努力をしてまいります。

先生方やスタッフの皆様、温かくご指導してくださり、本当に有難うございました🌼

目次
閉じる